テーマ:大河ドラマ

法皇様ドSなのか?病床の平重盛とすごろく遊び。怒りに震えわが子を抱きしめる清盛。きっと脚本家がドS

忠ならんと欲すれば、孝ならず。孝ならんと欲すれば、忠ならず。  進退これ窮まれり。 父親と法皇様の狭間で調整役を果たしていた、平家の嫡男。 しかし、その心労はいかばかりだったか。 ついに病床についてしまった彼の元に、法皇が夜の闇に紛れて訪問。 忠義を尽くした臣下の手をそっと己の手と重ねる。 重盛は、息も絶え絶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

滋子を喪った後白河法皇。虚しい心を埋めてくれる人はもう居ない。大河ドラマ清盛「はかなきうた」

(夜も昼もあけて 寂しくなった私の手枕は) (誰もいなくなって もうずいぶんと経った) (どうしてあんなにも 夜も昼もむつみ合ったのだろう) (長らくは一緒にいられなかったからだ) よるひるあけこしたまくらはあけてもひさしくなりにけりなにとてよるひるむづれけむなからへさりけるものゆへに 孤独 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more