テーマ:歴史

大河ドラマ「江」・・・腐主婦の興味は、信長様ったら森三兄弟を美味しく頂いちゃったなんてことは・・・・

書店で、表紙のデザインが気に入って買ってしまいました→ 一月は、赤字月間ですがついつい美しい表紙に財布の紐が緩んでしまって・・・ ま、そんなことはいいとしてこの大河ドラマの主人公「江姫」を特集した本はなかなか読み応えがありました。 やはり、大河は女が主人公になると衣装も華やかでいいですね{…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

越前海岸をレンタカーで走り、福井県の温泉に。さて、このお城の正体分ります?分った人は、城オタかな?

連休を利用して家族で、一泊二日の温泉旅行に行ってきました。 京都から敦賀まで快速急行電車での、のんびり旅。 乗り鉄の旦那の陰謀かな?・・・と、思いつつ勢いよく走り抜けるサンダーバードを眺めながら、JR快速急行を乗り継いでようやく敦賀に到着。 この時点ですでに、疲れてるんですけど・・・・ でも、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「龍馬伝」寺田屋騒動・・・龍馬「ごめんちゃ・・・」ああ、傷つき悶える姿に、萌えつきる

昨晩の大河ドラマ「龍馬伝」は、寺田屋騒動でした。 以前に行った時の伏見寺田屋の写真です↑ その、寺田屋で龍馬が伏見奉行配下の役人に囲まれ捕り物となります。 風呂で異変に気が付いたおりょうが、階段を駆け上がって龍馬に敵の存在を知らせます。 うっ・・・・裸で階段を駆け上る彼女を想像していたのだけど、肌襦袢を着…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

高杉晋作、伊勢谷友介さん良い感じ。「龍馬伝」、萌えた。。

ピストルを天井に発砲しながら、にやりと笑って部屋を抜け出す高杉晋作。 大河ドラマ「龍馬伝」での一コマ。 萌えた。。 「死して不朽の見込みあらばいつでも死ぬべし 生きて大業のみこみあらばいつでも生くべし」 吉田松陰から託された言葉で生きる道を選び、幕末を駆け抜けた高杉晋作。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GW後半。実家の別荘へ久しぶりに行ってきました。

GW後半。 特に予定もなかったので、家族で私の実家が所有している別荘に行ってきました。 別荘と言っても、ログハウスでもないので、別荘って雰囲気もなくただ山の中にある家って感じなんですけどね 海とか川とかが見えると、別天地に来たって感じもするのですが・・・ 窓からの景色はまあ・・・こんな感じです↓ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勝尾寺、晴天なり。開運祈願日和でした!!

今日の大阪は晴天でした。 お墓参りの帰りに、勝尾寺に行ってきました。 このお寺は、勝運を授けてくれるそうです いっぱい勝ちたいことがある私にはぴったりです (↑我が子です) 赤い門をくぐって 池にかかった橋を渡って …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「龍馬伝」人斬り以蔵に触発されて書いた短編って言ったらファンに怒られる?

「龍馬伝」人斬り以蔵に触発されて書いた短編って言ったらファンに怒られる? うん、怒られそう。 と言っても、時代劇じゃなくて現代劇。何時ものように、主人公は私好みの精神の弱い思い込みの激しい人。 思いつきで一気に書いて、「小説家になろう」の18禁に投稿したけど・・・・ 感想0・・・・ふふふっ。 まあ、現実そんなものさ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「龍馬伝」岡田以蔵を抱きしめる武市半平太の目に愛情はないようで(泣))

大河ドラマ「龍馬伝」の公式ホームページはこちら↓ http://www9.nhk.or.jp/ryomaden/ 昨日の放送で 岡田以蔵が武市半平太に抱きしめられるシーンがあった 後に「人斬り以蔵」と恐れられるらしい彼だが、その姿は何も知らぬひな鳥のよう。 親鳥の武市を妄信(盲愛??)するあまり、彼に必要と…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

源頼朝をイメージして描いてみた

九郎。 どうして、お前は勝手な振る舞いを繰り返す? どうして、後白河法皇に利用されていると気が付かない? どうして俺の命に従えない? お前は鎌倉には入れない。 お前は・・・・・。 謀反人だ。 謀反人の行く末なら、お前にも分るだろ? 命を奪われ 酒に漬けられる九…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あなたも龍馬になれる?・・そして、ひな祭り。。

↑ポストに入っていた、日本直販の通販雑誌。 その中に、おやじ新聞ってのが入っていて・・・・・ そのインパクト大の記事に魅入られた。 龍馬ファンの皆様必見!! 龍馬が愛した拳銃と刀があなたの手元に!! 日本直販とは違うけど、アマゾンで検索してみたら、龍馬愛用のレプリカ品が結構販売され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「足利尊氏」マンガ日本史13。何故か二冊我が家にあります。

↑この可愛いお方が、足利尊氏さんなんです  完全に受けっぽい感じでしょ やっぱり、「主人公受」がつぼの私。。 一月は、色々出費してしまって食費、日用品等の家計管理に失敗・・・・・ すでに食費、日用品専用通帳がマイナスになってしまっていて・・・ 主婦失格!?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

龍馬さん・・・・どこで萌えたらええがかよ?と呟き、寺田屋に行く。萌を求めて腐腐っ。。

↑とりあえず、寺田屋。 娘が、アニメを見ちゃうのでNHK大河ドラマ「龍馬伝」をまだちゃんと見てません。 というわけで、萌えどころがまだ解らんのです おもえば、昨年の大河ドラマ「天地人」は初回から萌えどころ満載だったので、迷うことなく子供も蹴散らしてテレビにかじりついたけど。 今回は、萌えどころがはっきりせず・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

源頼朝・・・やられたっ。。腐歴女狙いですか?朝日新聞出版さん??

この表紙にやられました。 マンガ日本史11 源頼朝 買っちゃいましたよ。 源頼朝ーーーー 格好よすぎる そして・・・ ↑弟、義経を自らの手で自害に追いやった頼朝が 彼の死を悼んで自分が泣いてよいはずがないと、涙を我慢するシーン。 このシーンよか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スケジュール帳をみると、子供の用事ばかり。でも、ママの頭の中は腐妄想の塊。

すっぽりと腕の中に納まった月照を抱きしめると、その鼓動が自身のものと重なってきた。 様々な思いが、脳裏をよぎる。 それを振り払い、彼を抱きしめたまま船の縁に身を置く。 西郷は秘めた想いを錦江湾の奥深く竜ヶ水沖の海底に沈めるように、月照を強く抱きしめ入水自殺した。 潮の流れが、運命の流れとなって二人の体を引き剥がしていく。 …
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

「天地人」前田利家と秀吉の濡れ場か?? 老人×老人・・・・・いける

変態でもいい、逞しく育って欲しい妄想女みっちゃん 大河ドラマ「天地人」ついに天下人秀吉が死んでしまいました。 秀吉・・・・死を前にして色気が噴出 まず、旧知の友前田利家に抱きしめられながら病に臥せった秀吉が思い出話をするシーン。 この二人、若い頃にはもしや・・・・素…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

衆道・・・もし、殿が好みじゃなかった場合。

僕は殿に仕える事に誇りを持っているけど・・・・ 殿が求めることはちょっと・・・・困ってしまう。 もちろん、衆道が武士の嗜みだということは分かっているんだけど。 殿の顔が僕の好みじゃないのはどうしたらいいんだろう ものすごい髭で頬ずりされるとちくちくするし あ、あそこも・・・・・そのあれもものすご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(大谷吉継×石田三成)へなちょこ腐歴女の妄想です。。

(大谷吉継×石田三成)腐妄想 この戦は負ける。 三成・・・・家康に勝てはしない。 頭のいいそなたがそんなことにも気が付かぬのか? いや、気が付かぬはずがない。 なのに・・・何度説得しても、お前は言うことを聞かぬ。 お前は昔から、頑固者だ。 一度決めたことは曲げることができない人間だ。 誰にも、…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

きゃっ。マールさま、衆道情報ありがとうございます!!

マールさま、「小説家になろう」サイトへのメールありがとうございました。 ブログを読んでくださっているようなので、こちらでお返事させてくださいね 「愛され国」読んでくださっているんですね ありがとうございます!!嬉しいです。 主人公の中山君は、作者の好みのままにどんどん壊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「景勝は兼続の美しさを愛で、その寵愛は実に深いものであった」新井白石さん・・・寵愛って。追記アリ

「景勝は兼続の美しさを愛で、その寵愛は実に深いものであった」 江戸時代中期の学者、新井白石。 その新井白石さんの著書「藩翰譜(はんかんふ)」からの引用ですが↑ 私・・・寵愛という言葉に異常に反応してしまうのです もう、ハァハァなかんじです。 新井白石・・・君は、僕を欲情させたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more