法皇様ドSなのか?病床の平重盛とすごろく遊び。怒りに震えわが子を抱きしめる清盛。きっと脚本家がドS

忠ならんと欲すれば、孝ならず。孝ならんと欲すれば、忠ならず。
 進退これ窮まれり。



父親と法皇様の狭間で調整役を果たしていた、平家の嫡男。
しかし、その心労はいかばかりだったか。

ついに病床についてしまった彼の元に、法皇が夜の闇に紛れて訪問。
忠義を尽くした臣下の手をそっと己の手と重ねる。

重盛は、息も絶え絶えに最後の願いを法皇に伝える。

どうか、父と争わないで欲しいと。


「その願い、聞き入れよう。ただし、すごろくでお前が勝ったならばな」

法皇様、いきなりのドS発揮


病人の彼にサイを振って己で願いを勝ち取れと強要。

息苦しさに耐えながら、重盛が法皇様のすごろく遊びに付き合う。


そして、その場に現れ愕然とする平清盛。

「父上・・・・」

父の胸に崩れ落ちる重盛。その彼を強く抱きしめ、紅い衣で息子を法皇から守ろうと覆い尽くす清盛。

あまりの無体な法皇の行為に、清盛は身分も忘れて獣染みた声でうなる。

「帰れ・・・!」

「おかえり・・・いただけますでしょうか・・・・」

法皇は潮時とばかりに、すっと立ち上がり清盛を見下ろす。


過去の出来事が鮮やかによみがえる。

すごろく遊び。
かってまだ皇子の身分であった法皇さまと、荒くれものであった清盛のすごろく遊びの結末。

「すごろくは賭けねばおもしろうない。清盛、お前が負ければ・・・息子の重盛を貰うぞ」

皇子の言葉に冷や汗を流す、清盛。

だが、そのさいを投げたのは、幼い重盛自身だった。
そして、勝利を手にした重盛。

大きすぎる父への忠義と老獪な法皇様への忠誠心との狭間で落命する、平重盛だった。


忠ならんと欲すれば、孝ならず。孝ならんと欲すれば、忠ならず。
 進退これ窮まれり。


まさに、この言葉につきる一生だった。



平 清盛 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
NHK出版
2012-05-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 平 清盛 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




で、清盛が息子を抱きしめ慟哭するする姿にぎゅぎゅっと心が萌えてしまった私も・・・・


ドSかしら(笑)


********


さて、近況報告。

って、別に全然変わりなく過ごしています。

残念ながら、異世界への扉も開かれないし美形の魔法使いが現れて別世界に行こうと誘ってくれることもなく。
人間関係は相変わらず、しょうもなくただ神経をすり減らすのみ。
世界が滅ぶならそれも良しとおもいつつ。
その前に、我が家の家庭か家計が壊れてしまいそうだと、電卓をたたく日々。

すこしづつ壊れていくのは、加齢の為のお肌の張りか精神のしなやかさなのか?
イライラとすれば、すべての世界は灰色に染まる。
心は、ぐろぐろと黒く染まり堕ちていくのである。

相変わらずの妄想癖はもはや治癒不可能の中二病か。

まじ、魔法使いさん・・・・私に魔法のレシピを教えてくれない?

「ねえ、ママ。なんで、昨日も鍋やったのに今日も鍋なん?」


娘よ・・・・その言葉は禁句だ。

何故なら白菜の料理法を鍋しか思いつかないからなのだ。
そして、料理のレシピを考えるのが面倒だからだ。

さて、魔法使いがやってきたら解決してくれるかな?

最近は、腰痛と朝寝坊に悩まされているのだよ。
まじ起きられないんですよね。春眠暁を覚えずじゃなかったっかい?いま、冬だよね。いや晩秋か?

「冬だからだろ?冬眠だからじゃねーの??人間の祖先はゴリラだしね。近藤さんなんて、完全今冬眠してるって。八っつぁんなんとかしてくんね、この眠気?」

「いやいやいや、僕にどうしろっていうんですか?それにゴリラって冬眠しましたっけ?」

「わかったアル、銀ちゃん。私が、殴って目をさまさせてあげるアルね!!」

どごーーーーーーんん

「うごべぇしーーーーーー」


ということで、銀魂45巻まで読破しました。




銀魂―ぎんたま― 45 (ジャンプコミックス)
集英社
2012-07-04
空知 英秋

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 銀魂―ぎんたま― 45 (ジャンプコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




新八の突っ込み量が半なくく多くて、なかなか読み進めなかったけど
死んだ魚の目をした銀さんが、覚醒銀さんになったときのギャップが・・・たまらず萌えるのです。

白夜叉ってよばれて、獣のような目で敵に向かっていく銀さんの姿にふふふっと笑みを漏らす読者。
もちろん、いつものマダオ一歩手前の銀さんも好きだけど。

表現ふるい??
ほら、パタリロが真面目バージョンになったときの彼に萌えるみたいな。

最近きになっているのは、黒子のバスケ。
アニメ見たのだけれど、これもう・・・・BL狙ってますよね。




黒子のバスケ 1 (ジャンプコミックス)
集英社
藤巻 忠俊

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 黒子のバスケ 1 (ジャンプコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ジャンプさん、ジャンプさん、こんなにあからさまに。
黒子くん総受けじゃないですかぁ。

コミックを購入しようか検討中。
欲しいけどねぇ・・・・・・こんな簡単に欲望に負けていいものなのか?
アニメの二期まで、この欲望を抑えられるか。なにより、これから年末に向けてお金が入用だと言うのにねえ。

忠ならんと欲すれば、孝ならず。孝ならんと欲すれば、忠ならず。
 進退これ窮まれり。


あ、使い方間違っているな。
とりあえず、進退これ窮まれり(笑)

久々に、ブログを更新できて楽しかったのです。内容むちゃくちゃでごめんなさいね。

この記事へのトラックバック