入学後、娘が始めて遅刻(汗)忘れもをしてパニックでおお泣きで。一緒に学校に行ってきました。

学校内でパニックになることはあるものの、順調にいっていた学校生活。

今日も、にこっと笑ってみんなとの待ち合わせ場所に何時もの時間に出掛けたのですが。

雨模様の今日。
室内干しで洗濯を干している時に、インターフォンを連打する音が。

「??」

不審に思いながら、玄関に向かうと悲鳴のような泣き声が扉の向こうから聞こえてきて。

げ、娘が帰ってきた!?

玄関を開けて泣く娘に、理由を聞くが泣くばかり・・・しばらくして


「眼鏡・・・眼鏡!!」

と、半切れで叫ぶ。

眼鏡を忘れたのか。私も気が付かなかった。でも、そんなことでおお泣きしなくても

とにかく、眼鏡を持ってきて掛けてあげて涙を拭いて再度登校させようとしたのだけど動かない。

なんとか、手をひいて待ち合わせの場所に向かうと仲良しのお友達が名前を呼んで駆けつけてくれたのですが、娘はますます泣き出して完全パニック。

お友達を遅刻させるわけにもいかないので、先に行ってもらった。
まよったけど、息子が寝巻きのまま付いてきているし、玄関も開けっ放しで来てしまったので一度家に帰った。

娘は、家についても玄関から中に入らず、時々悲鳴みたいな声をあげる。

私はイライラしながらも、もう小学校についていくしかないかと観念して息子に幼稚園の用意をさせて食事もチーズ一つ食べさせただけで、一緒に出掛けることに。
幼稚園と、小学校は隣同士。こんな時は助かるけど・・・

こんなことに限って、息子が新幹線の靴下じゃないとダダをこねはじめる。
下し立てのはしご車模様の靴下を履かせてあげたのに何が気に入らない。

「新幹線靴下は、二枚とも洗濯中なの!!オシッコで昨日ぬらしたでしょ。もう、二人揃って!!」

うがぁああーーーと、腹が立って息子に怒鳴ると、玄関にいた娘が反応。

「うぎゃぁあーーー」

と泣いて、玄関から出てしまった。

やべえ

私が落ち着かないとってことで、頓服のデパス二錠、口に放り込む。

息子に幼稚園の服を着せて、玄関からでると娘が傘もささずに、庭に立っていた。雨は小降りになっている。
幸い。雨は嫌いだから助かった。

娘はほとんど私を無視するように、でも私の顔色を伺い涙ぽろぽろ。
私は、混乱しながら娘と息子の手を取って学校に向かった。

どういったらいいのか分らないけど、叱ったらいいのかわからなかったけど以前に、教育委員会の担当の先生からできていることを褒めてあげてねといわれたのを思い出して、褒めることにした。

「泣いて辛いのに、学校に行こうとするなんてすごいね!!」

娘に私の言葉が届いているのかどうか??
そのうちに、私の手をふりきって一人泣きながら学校に向かって歩き出す。

はぁあーーーーー

息子を抱っこしたりしながら、アップダウンのある道を学校に向かった。

校門で、バイバイしようとしたらまた泣き出して・・仕方ないので、下駄箱まで付いていった。すると、私たちの様子を見ていた先生(最初、遅刻してきた子供の付き添いの保護者かと思っていたけど、養護の先生だったのかも)が、声を掛けてくださって、担任の先生を呼んできてくださいました。

もう・・・これで、ほっと一息。
先生にお願いして、ここで娘とバイバイしてきました。

続けて、息子を幼稚園に送る。
焦って服を着せた為、紙パンツで来てしまったことを先生に伝えて自宅に帰ってきました。

携帯を見ると、娘と待ち合わせをしていたお友達のお母さんから何度も℡がはいっていて、慌てて事情を書いたメールを送信。その他の方にも、メール送信。

パニック持ちの娘ですが、これからもよろしくお願いしますとフォローメールをしたら、励ましの返事が来ました。
誰でも、子育てにはつまずきはあるので悩んでるよ。また、お茶でもしようねとあたたかい言葉が。

ママ友、ありがとうです


でも、自分が甘い母親だったのかあるいは厳しい母親だったのか・・自分の行動に自信が持てず不安になって教育委員会の娘の担当の先生に相談の℡してみた。

すると、電話に出たのは丁度担当の先生。

もう、堰を切ったように今朝起きたことを長々話してしまった。
先生はうんうんと聞いていただいて。

「お母さんも、娘さんも頑張りましたね」

と言ってくださいました。気持ちの切り替えをさせる為に家にいったん帰ったことは、良い選択だったし、泣きながらも学校に行こうとするなんて娘さんすごいですよ。遅刻なんて問題ありません。大丈夫。怒鳴ったのも、人は神様じゃbないからしかたないよって言ってくださいました。

なんか、先生ーーーー私の精神科の先生よりずーーと優しいよぉ

話しているうちに涙がぽろぽろ。
いま、女の子時期なので情緒不安定なのです

でも、先生の励ましに元気が出てきました。

娘が帰ってきたときの、対応のヒントも教えていただき電話を切りました。


で、幼稚園に送っていった帰りにストレスからか甘味物を二つを買ってしまって。

二つとも食べちゃった

泣いて、食べて、ブログに愚痴をかいて・・・なんとか、心が平安になってきました。

もうすぐ、息子を幼稚園に迎えに行く時間です。


行ってきます


頑張らないとね!!


「叱らない」しつけ 子どもがグングン成長する親になる本
PHP研究所
親野 智可等

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「叱らない」しつけ 子どもがグングン成長する親になる本 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのトラックバック

  • エアマックス 95

    Excerpt: 入学後、娘が始めて遅刻(汗)忘れもをしてパニックでおお泣きで。一緒に学校に行ってきました。 みっちゃんの小説紹介/ウェブリブログ Weblog: エアマックス 95 racked: 2013-07-09 22:06