混乱。娘が、K-ABC発達検査を受けてきました。判定は・・・できなかったそうです(汗))

画像

↑近所の紅葉。綺麗ですよ。


今日は、教育委員会の教室に娘が通う日でした。
幼稚園に行く前にそちらの施設に行きました。

そして、今回初めて娘が「K-ABC発達検査」を受けてきました。

で、結果は・・・・判別不能との事でした

我が家の娘、自信のない質問には絶対口を割らない子。(←こう書くと刑事事件ぽい

ということで、先生の質問で自信がちょっとでもないとまったく返事しなくだんまりを決め込んでしまう為に、正確な検査結果を得られないと説明を受けました。

K-ABCアセスメントバッテリー(Kaufman assessment battery for children)とは、A.S.カウフマンとN.L.カウフマンによって1983年に開発された幼児・児童向けの個別式心理教育アセスメントの総合的なバッテリー(組み合わせ)である。

まあ・・・よく分かりませんが、今まで受けていた新版K式発達とは検査の方法が違うようです。

仕方が無いので、3月にまた「K-ABC発達検査」を受けることにしました。
でも、先生曰く。

3月でも、ちょっと正確な検査結果は得られないかな・・・とのこと。

小学校に入学した後も、引き続き経過観察と検査をしていきましょうとのことになりました。

うっ・・・。

まあ、学習面や学校での生活状況で問題があればそちらに相談できるので、相談場所と縁が切れなくってよかったって思うことにしたほうが・・・・いいのかな。

とにかく、入学までに幼稚園で、自信のないこと、嫌なこと、勝ち負けのなるゲームに負けるという、負の感情を経験してそれを上手く乗り越えていく。または、スルーしていく方法を、娘自身が少しずつでも獲得していくことが重要との事でした。

また、言葉での感情を表現することが苦手な子なので、字が書けるようになったら、また絵でもいいので負の感情を自分自身の中に閉じ込めないで表現していく方法を教えていってあげましょうとのアドバイスを受けました。

娘って・・・・母親に似るのかな??

私自身も言葉での感情表現の苦手な、気持ちの切り替えが苦手な子供でした。
それで、随分小学生生活が辛かった記憶が今も鮮明にあるので、娘には負の感情を引きずらず、気持ちよく小学校生活を送って欲しいのですが・・・・。

正直、不安です。
私自身の希死念慮がでてきたのが、小学校の高学年ぐらいだったので・・・・そんなところまで似てしまったらどうしようと不安になってます。

娘は娘。私は私。娘は私の所有物ではないので、自分の分身のように考えるのは間違っているとは思うけど、不安感を拭いきるのは難しいです。

とにかく、各方面と相談しながら小学校入学準備をしたいと思います。

楽しい学校生活が送れるといいな


******


さて、娘を担当してくださっている先生は発達障害のお子さんをずっと現場で見てこられたベテランの先生です。
その先生も、今年で定年との事で娘の担当は変わってしまうそうで残念です。

その先生に、下の息子の事をこの機会に相談させてもらいました。

すると・・・・・

療育施設の発達の先生と、教育委員会の発達の先生と考え方が違ってました

療育施設の発達の先生は、言葉の遅れ等から年少での入園はあきらめて週5で療育施設で過ごし、年中から幼稚園デビューしたほうが、お子さんの言葉の発育は進むと思いますとの意見だったので

そちらの考えに傾いていたのですが・・・・

今日の先生は、言葉の遅れが目立つお子さんたちの中に入って生活するより、幼稚園に入ると確かに先生の数は減るし、先生の指示が通らないかも知れないけど、回りのお子さんからの言葉のシャワーで言葉の発達は促進されるはずだとの見解。

専門家でも、意見がことなるのか?どうすりゃいいの私

と、頭ぐるぐるしながら幼稚園に娘を送っていくと、なにやら幼稚園で小さなお子さんがうろうろいらっしゃって。

園長先生がいらっしゃったので、声を掛けると

なんと、今日は来年度の入園園児の健康診断の日とのこと。

え!?

年少での入園は諦めていたので、そんな日だともチェックしていなくて、先生に事情を説明すると・・・

「じゃあ、健康診断受けておきますか?」

という話になりまして・・・・・なんか、そのまま年少で入園したくなってしまって・・・というか、息子の言葉が以前に比べて増えてきたのでもしかしたら園生活上手くいくんじゃないのって希望がむくむく湧きまして。

入園届けも出してきました。

で、家に帰ってから療育センターの担当の先生に事情を説明。

週5から幼稚園との併用で週一に変更は可能かどうか聞いたところ、可能との返事。
ただし、まだ時間はあるのでゆっくり考えて結論をだしてくださいねといわれました。

そうなんですよね。

年少さんに入ると、速攻お迎えだし、お弁当作らないと駄目だし、夏休みも長いので子供と一緒の時間が増えます。療育センターなら、給食だし、夏休みも無いし、育児から解放される時間が長い。
病院に通うときにも、便利だったりする。

子供と接する時間が増えるが、私の精神状態が大丈夫か問われて、大丈夫ですとはすぐに答えられない現状。

昨日も子供を怒鳴って叩いてしまった。

でも、正直・・車を所有していない私が週5で療育センターに通うのは、結構体力的に負担が大きいなあと、ずっと思っていたので・・・・・。

ああっ、どうしたらいいのかな!?

とにかく、選択肢を二つにして3月まで息子の様子見をすることにしました。

なんか、感情がふらふらして人の意見に振り回されて、速攻気持ちが変わっちゃってふらふら精神状態です。

↑変な文章

まあ、とにかく混乱中です。

混乱したまま、クリスマス、お正月に突入していきそうな状態です。

何かをする前に不安が高まってしまうから、不安障害になるわけで・・・・

とにかく、まずは主人と相談して一歩一歩進んで行きたいと思います。

って、いうか今日は旦那は遅くなるって言ってたよ

年度末が忙しくなる旦那の仕事。
仕事が忙しいって事は、今の不況の時期にとってはありがたいことなんだろうけど、最近お互い疲れてちゃんと話をしていません。

ちゃんと相談して、不安を軽減してもらいたいなって思いながら・・・

なかなか思うようにならないから、ブログにぶちまけてます。

こんな文章読んでる人いるのかな?????

年末までもう少し。

風邪も治ってきたし、このままクリスマス、正月に突入だ!!

画像

↑大きなツリーの足が破損。で、今年は小さなツリーを出して玄関に飾りました。
 サイズも手ごろだし、来年もこれかな?


そして17日は、大好きな少年漫画の発売日だ!!

現実逃避だ。



この記事へのトラックバック