小説家になりたかった主婦の日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 薬の功罪。娘が、ストレス性の過敏性腸症候群と診断されて一か月分の薬が処方されました。

<<   作成日時 : 2014/06/06 10:57   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

画像












↑こちらは、私の薬です。
四月から、厚生労働省(かな?)が薬局に対して積極的に患者さんにジェネリック医薬品を勧めるようにとお達しがあったようで。

私も、ジェネリックに変更しました。薬価も安くなるし。でも・・・・

パッケージが変わってしまい・・・しばらく混乱しました。


基本的には同じような色のシートなのですが、薬の名前が成分名(?)になってて。

たとえば、「セロクエル」が「クエチアピン」で。

デパケンが「バルプロ酸ナトリウム」とかになっているし。

うう・・・覚えにくい。まあ、人前で薬の名前を書いたり言ったりすることなんてないだろうけど、一応は何を飲んでいるのかは言えた方が安心だしね。

でも、やっぱおぼえらんねーーー(汗))

ところで、某お医者さんのブログで、セロクエルとデパケンの組み合わせが「興奮」や「激昂」をマイルドに抑えるのにちょうどよいと書いてありました。

なるほど、薬の組み合わせ方にもいろいろあるのだなと思いました。
恐怖で興奮すると、過呼吸起こして鼻水と涙でだらだらなる私としては、まあ・・・しばらく必要なのかなとは思います。


で、題名にも書きましたが、「薬の功罪」

娘が、進級してから下痢と腹痛を訴えるようになり、医者に行ったところストレス性の「過敏性腸症候群」と診断され、改めて考えるようになりました。

それは、「断薬」時期の判断。

今は、四年生ですが三年生の頃から胃痛が時々あったそうです。時々、学校から連絡があり「保健室でお休みさせましたがお家に帰った後はどんな様子ですか」って連絡をもらったことも何回かありました。

でも、本人はケロッとしていて、治ったから大丈夫と言うので、そういうものなのかなと見守るだけにしていたのですが。四年生に進級して、胃痛に続いて腹痛となって下痢症状が続くようになってしまい。

朝、トイレに駆け込むこと数回。それでもすっきりしないようで、とうとう弱音を吐いたので、「ありゃ、これって・・?」と思いつつも、市販の下痢止めで一時的に対処していたのですが、薬を止めるとまた下痢になっちゃうの繰り返しで、薬剤師さんにその事を相談したところ、

「お医者さんで見てもらった方がいいですよ」とアドバイスをいただき、遅ればせながら医者に行ったわけです。

そうするとストレス性の「過敏性腸症候群」と診断されました。一か月分のお薬を処方してもらい、それを飲んでからは娘はよくなったらしくお腹痛くないよと言い、朝に何度もトイレに駆け込むことはなくなりました。


さて・・・ここからが問題。

薬は一か月分。

まだ、薬は残っていますが薬を飲んでいる状態だから、症状が安定しているのかどうなのか・・・判断できません。

色々と、過敏性腸症候群の本を読んだりしたのですが、結構人によっては症状が長引くようで。

私自身は、くすりを飲むことに対してもう鈍感になってしまったのですが、やっぱり娘には薬に頼りきりの生活にはなってほしくないなって勝手ながら思います。

でも、薬を飲まなくて苦しむよりは飲んで順調に学校に通えるのならその方がいいのかなって思ったり。

この辺の判断は、やはり医者にお任せした方がいいのでしょうかね?

ヨーグルトを食べさせたりするようになりましたが、相手がストレス性って事になるとなかなか厄介な敵です。


薬をいつまで飲み続けるかは、中々難しいもんだいですね。

これは、自分自身にもあたることで、私の場合「緑内障」の目薬以外は一生飲まないと駄目って薬ではないので。
症状と相談しながら、減薬していけばいいわけなのですが・・・・一度飲んでしまうと、特に精神科の薬って手放しにくいんですよね。

日々の不安を受け流しスルーできているのが薬のおかげなのか、それとも自分の中の何かが成長したためなのか判断できない。しかも、日によって調子も左右されて、もうそろそろ減薬?あ、やっぱまだ無理かも。の繰り返しの日々です。

で、いつの間にか薬を飲むことに対して惰性的(言葉おかしいかな?)なっている自分がいる。


そんな時に、娘がストレス性の「過敏性腸症候群」と診断されて、改めて薬の事を考えるようになりました。

中々に難しい。

とにかく、娘には早く良くなってほしい。そう、想ってます。











**********



暗い話で申し訳ない。で、話はぶっ飛んで、最近読んだ漫画の話。
もうすでに有名な作品ですが、遅ればせながら読みました。将棋の漫画ですが、将棋さっぱりわからん私でも全然大丈夫でした。

「三月のライオン」

何というかもう、この本・・・・おっさんたちがいい味出しているんですよ。や、もう老人って人もいるけど。
主人公は若いのだけれど(宗谷名人も別格。このひとは・・・おじさんではない。年齢はおじさんでも断じて、違う。)

特にこのお方↓なんか・・・萌えるんですけど。この表紙やばくないですか。なんか、ぞくっと萌の要素が・・・
おじフェチになったかな私。


3月のライオン 8 (ジェッツコミックス)
白泉社
2012-12-14
羽海野 チカ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 3月のライオン 8 (ジェッツコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





↓で、主人公。彼も、いい。いつもあたふたしてるのになんか一生懸命に生きてる人です。



3月のライオン (1) (ジェッツコミックス)
白泉社
羽海野 チカ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 3月のライオン (1) (ジェッツコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




↓この表紙は、もうかわいいの一言。いじめに遭っていた彼女ですが、傷を心に負いつつもその渦中からようやく解放されて、笑顔を取り戻しました。よかったですね。


3月のライオン 9 (ジェッツコミックス)
白泉社
2013-09-27
羽海野チカ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 3月のライオン 9 (ジェッツコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
薬の功罪。娘が、ストレス性の過敏性腸症候群と診断されて一か月分の薬が処方されました。 小説家になりたかった主婦の日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる